ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年1月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ

COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
YAMASHITA(1)
アジフラッター(1)
アジング(8)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(4)
エンゼルキッス(1)
オフショア(2)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(1)
カーボンバイブ(3)
カサゴ(2)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(1)
サブマリンヘッド(3)
サヨリパターン(1)
サワラ(7)
シーバス(57)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(4)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカー(2)
スカッシュ(5)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(1)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイラバ(4)
タチウオ(10)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
チヌ(1)
ディープクランク(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(3)
ヒラマサ(3)
ヒラメ(1)
フィールドスタッフ(127)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(2)
フィ-ルドモニター(1)
フェイクベイツ(3)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(6)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(1)
フラペンブルーランナー(1)
ブリ(1)
ブルースコード(1)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードⅡ(5)
ブルースコードC45(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(2)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクイーン(5)
ポップクイーンF160(1)
マール・アミーゴⅡ(3)
マダイ(4)
ママワーム(1)
ママワーム(6)
ママワーム ソフト(2)
ママワームダートスクイッド(1)
マリア(9)
マルチゲーム(1)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(4)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムラソイ(1)
メタフラ(4)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(4)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバリング(1)
メバル(17)
メバルプラッギング(1)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(7)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(1)
ライトショアジギング(4)
ラピード(5)
ラピード F160(2)
ラピードF130(1)
ラピードF230(1)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックフィッシュ(3)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(1)
岡 公一郎(8)
岡公一朗(2)
岡公一郎(7)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(15)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(3)
香西宗正(13)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
西田 学(3)
西田学(13)
青物(22)
石井 栄治(3)
石井栄治(2)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(4)
大森崇弘(15)
稚鮎(1)
中山 剛(3)
中山剛(15)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(18)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(17)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - 企画開発ブログ詳細

2017/06/20 09:20 続・伊豆磯ヒラスズキ by西田学

タグ: フィールドスタッフ  西田学  ヒラスズキ 

Mariaブログをご覧の皆様、こんにちは。

フィールドスタッフの西田です。

関東もいよいよ梅雨入りとなり、春から初夏にかけての磯の賑わいも終盤に差し掛かってきました。

今年は通い慣れた三浦の磯から離れ、伊豆,真鶴を中心に足を運ぶ日々ですが

最盛期に入ってもいまいち安定感のない釣りが続いています。

その要因はカタクチの寄り。

言わずもがな、ベイトの寄りはどんな釣りにおいても重要な釣果要素となるのですが、伊豆の磯場において

それらが磯に打ち上がったり、潮溜まりに群れが泳いでいたりなんて状況には早々巡り会えません。

それが今年はアチコチそんな光景があるようで、時にヒラスズキや青物の大釣りの噂が流れることもしばしば。

ところが逆にイワシを外すと、それなりの波であっても、朝イチのチャンスタイムのみの反応

もしくはマヅメでさえもシラ―っとそっけない海が待ち受けていることもあったりと

何とも当たり外れが大きい海な様相。

しかしボチボチ足を運び続けていたワタクシにも、いわゆる“当たり”な1日が巡って来ました。

朝一チャンスタイムは想像以上のベタナギ磯にて、さすがに厳しいかと思われたのですが、足元の僅かなサラシ・・・

というよりも泡から、次々に飛び出してくる銀鱗の様には本当に驚かされました。

そこから徐々に波が出始めると、予想通りのバクバク劇が開幕。

どれもこれもコンディションのよいデップリボディに、サイズも60~79cmと良型ばかり。

これがまぁ総じてよく走ってくれるもんで、1つ1つファイトが実に痺れるのです。

そんな中、隣で打っていた仲間のフラペンS85にもガブリと強烈な一本!

寄せてからのランディングにずいぶんと手こずりましたが、それもそのはず。

本人初の84cmランカーヒラスズキの捕獲と、何ともめでたい釣果が出てくれました。

この後もワラサまじりにポツポツと釣れ続けましたが、波が上がりすぎてきたこともあり

危険を感じる前に撤収としました。

何はともあれ素晴らしい1日ではありましたが、唯一悔やまれるのが

ラピード130に飛び出した、良型ヒラマサと思われる強烈な一本を獲れなかったこと。

まぁ、ヒラタックルではどうしようもないサイズなのですが、、、また巡り合える日に期待して

次回からはしっかり青物タックルも持ち込んでみます。

これからもヒラスズキ、青物とも狙っていきますし、次の黒潮の寄りで水温がもう少し上がるでしょうから

その時は夏の風物詩の第一陣が入って来るかも知れません。

まだまだ楽しみが続きそうな伊豆の磯に通い続けてみます。

 

前へ  |  次へ   | 一覧