ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年12月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ

ショアブルーEX(2)
COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
YAMASHITA(1)
アジ(1)
アジフラッター(4)
アジング(14)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(5)
エンゼルキッス(1)
オフショア(12)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(3)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(2)
サブマリンヘッド(3)
サヨリパターン(1)
サワラ(8)
シーバス(72)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(4)
ジギング(4)
シ-バス(6)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカ-(2)
ショアトリッカー(2)
スカッシュ(6)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(7)
スリムクローラー(2)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイトスラローム(1)
タイラバ(5)
タチウオ(14)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
チヌ(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
バイラバイラ(2)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(5)
ヒラマサ(9)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(1)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(211)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(2)
フィ-ルドモニター(1)
フェイクベイツ(3)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(8)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(3)
フラペンブルーランナー(5)
フラペンブルーランナーS85(2)
ブリ(1)
ブルースコード(2)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードⅡ(7)
ブルースコードC45(2)
ブルースコ-ド(1)
ブルースコ-ドⅡ(2)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(2)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクィーン(1)
ポップクイーン(7)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイ-ン(1)
マール・アミーゴⅡ(3)
マールアミーゴⅡ(3)
マダイ(5)
ママワーム(1)
ママワーム(15)
ママワーム ソフト(2)
ママワームソフト(1)
ママワームダートスクイッド(5)
マリア(13)
マルチゲーム(1)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(6)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムーチョルチア(2)
ムラソイ(1)
メタフラ(4)
メタフラ32(1)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(8)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバリング(1)
メバル(26)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(1)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(15)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(7)
ライトショアプラッキング(3)
ライトルアー(2)
ライトロック(3)
ラクラクスナップ(1)
ラピード(14)
ラピード F160(2)
ラピードF130(1)
ラピードF160(1)
ラピードF230(1)
リトルビットAH(1)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックショア(1)
ロックフィッシュ(4)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(2)
岡 公一郎(14)
岡公一朗(2)
岡公一郎(11)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(26)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(3)
香西宗正(25)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(1)
真鯛(1)
西田 学(3)
西田学(14)
青物(36)
石井 栄治(3)
石井栄治(2)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(4)
大森崇弘(25)
稚鮎(1)
中山 剛(3)
中山剛(28)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(31)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(30)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - 企画開発ブログ詳細

2017/01/24 07:30 メバル!理想のフッキングがバラシの原因?by大森崇弘

タグ: フィールドスタッフ  大森崇弘  メバル  ママワーム  ビークヘッド  サブマリンヘッド 

こんにちは。Mariaフィールドスタッフの大森崇弘です。

今回は、冬から春に掛けてハイシーズンを迎えるメバリングのお話を少々したいと思います。

このログが出される頃は、ちょうどスポーニングの時期とあり、少し厳しい時期に差し掛かっていることと思います。

だからこそ、これから始まるアフターシーズンの為に、少し考える時間があると思います。皆さんも一緒に考えてみてくださいね。

で、今回出すお題は、「メバルのフッキング率と、バラシ率について!」

これから語ることは、私の見解であり、決して正解という訳ではありません。正解は、各々が考えて、自分で導き出してくださいね。

さて、皆さんは、活性の高いメバルと、活性の低いメバルは、どちらがフッキング率が良いと思います?

これは、もはや考える必要は無いですね。当然、活性の高い方に決まってますね。

では?活性の高いメバルと、活性の低いメバルは、どちらの方がバラシ率が高いと思います?

この質問で、答えは割れてくることと思います。

私の意見は、活性の高い良型メバルこそ、バレ易いと思っています。

私個人の実績として、渋い日の1本の良型は、結構確実に捕れたりします。

しかし、逆に、時合突入や、連発モードに入った時、たくさん釣れているので、あまり気にも止めませんが、ちょこちょことバラしたりします。

それを、バラシ率という感じで数値化をすると、低活性時よりもかなり高い数字になってしまうのです。

何故でしょうか?

それでは、私の見解です。まず、この写真を見てください。これは、今年に入って私が釣ったグッドサイズのメバルです。(笑)

まぁ~、サイズはどうでもいいですが、見て欲しいのは、メバルの口元です。殆どが薄皮で形成されています。


本来、魚の理想のフッキングとは、一旦飲み込まれた針が、口から抜き出る時にカンヌキと呼ばれる部分に掛かる事です。

石鯛なんかは、この部分に掛からなければ、取り込みが難しいとさえ言われます。ところが、メバルの場合はどうでしょう。

薄皮の部分に掛かれば、確実に薄皮は破れ、フッキングというよりも、フックが引っ掛てるだけの状態になります。

次の写真を見れば、そりゃ~、バレるでしょうね。と言いたくなりますよね。


小型なら、ゴリ巻きをすれば、この状態でもキャッチは可能ですが、活性が高い良型の個体だと、よく暴れるし、

ファイト中に締めこめば、ロッドを溜めるだけのファイトも当然にあることでしょう。

再び、写真を見てください。これらは、キャッチしているので、バラしていません。

偶然にも、外れたフックが別の所に掛かってキャッチ出来たものだと思います。




が、本来、バラシていたメバルだとも思っています。


これが、活性の高い良型個体がばれ易いという見解です。

ワームを一旦飲み込むからこそ、カンヌキに掛かりやすく、それが、バラシの原因に繋がるということです。

逆に活性の低いメバルなどは、例えば、稀にしかショートバイトが出ない様な状況の時、フッキングさせれたら唇のチョン掛かりなどが多いと思います。


ヒット率の悪い時ですが、こんな唇掛かりは、確実に捕れるので、上記で渋い日の1本は、確実に捕れる!と表現しました。

以上が、メバリングのバラシに付いて考えた私の見解です。では?対策はどうすれば?

って言われると、また難しいですね。アフターシーズンが開幕するまでに、今一度、各々で考えてみてくださいね。

私が、ここで言えることがあるとすれば、管理釣り場のようなファイトが一番いいのかな?と思っています。

ロッドでやり取りをせず、ドラグがじりじり滑りながらもゴリ巻きのファイト。

力の強弱は、全てドラグ任せにし、釣り人は、バーブレスフックを使っている様な気分で、糸が緩まないことだけに集中。

これが、最もバラシの少ないファイトかな?と思います。

それでは、皆さん、これから始まるアフターシーズンを、思う存分に楽しんでください

 

前へ  |  次へ   | 一覧