ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

必ず覚えておきたい4つのサイトフィッシングテクニック

エギング

  • Facebookシェアする
  • Twitterツイートする
Eging夏イカ攻略編

フィッシングマイスター 川上英佑

皆さん、こんにちは! 今回はサイトフィッシングで確実にアオリイカを釣るための色んな方法をお伝えします。

秋のエギングシーズンの醍醐味と言える"サイトフィッシング"ですが、イカのご機嫌や環境の変化によって、簡単に釣れるイカもいれば、なかなか気難しいイカもいて、テクニックが必要となる場合があります。

そんなサイトフィッシングの基本のシャクリや誘い方から、スレイカを釣るためのテクニックまでを全てご紹介します!

イカの誘い方が分からない方、イカが関心を示したのにヒットまで持ち込めないという方、必見です!!

1.沈下速度がゆっくりなエギに変える

アオリイカがエギについて来て、エギを見ているけど抱かない、または一瞬タッチしたけど後ろに下がってしまった。そんな時はゆっくり沈むシャロータイプのエギを投入します。
ゆっくり沈下させることで、抱こうとしているアオリイカを焦らすことが出来るので、しっかり抱くことが多いです。

>>シャロータイプのエギはこちら

シャクリのアクションに注意

シャロータイプはベーシックタイプをシャクる時と同じ感覚で使うと、シャロータイプの方が浮き上がりが早く、沈下も遅い分、どんどん上に(水面へ)上がってきてしまいます。
なので、ベーシックと同じ層(タナ)を探ることが難しいため、少し弱めにアクションをつけるか、シャクリの回数を減らします(例:4回だったら2回に減らす)。
また、フォールさせる時間もベーシックに比べ1.5倍くらい長くカウントします(例:4秒だったら6秒待つ)。そうすることでベーシックと同じ層を通すことができるんです。

2.見えイカの群れの攻略法

秋のエギングでは各地の堤防でイカの群れを目撃することがありますよね。群れを見つけたら、群れの真ん中にエギを投げ入れるのはNGです。1杯は釣れる場合もありますが、群れが散ってしまいます。
必ず群れの遠いに場所にエギを投げ入れ、群れの方にシャクりながら寄せてきます。この時、活性の高いイカがいれば離れたところまで追ってきます。
つまり、群れの中でも活性の高いイカから、エギを追わせて群れの本体から離れた場所でヒットさせるイメージで狙っていくんです。そうすれば、群れも散らさずに次の1杯が釣れる確率も上がります。

次ページへ続く:必ず覚えておきたい、サイトフィッシングの基本の誘い

サイトフィッシングの基本の誘い

基本の誘い方は、
① まずエギを海底まで落とす。
② 海底から一気に水面直下までシャクリ上げて水面下で、しばらくピタリと停止させる(またはゆっくり水面下をスライドさせる)
③ その後、糸を一気に緩め、フリーフォールでエギを海底まで落とし、また水面までシャクリ上げる。
これの繰り返しが基本の動作です。
アオリイカは②の水面でエギを停止させている時、または③のフリーフォールの時にエギにアタックしてきます。 この基本はぜひマスターしてくださいね。

3.抱かないイカの活性を上げて釣る方法

エギの沈下速度やサイズを小さくしても、なかなか抱いてくれない。イカは反応を示しているのに・・・なんてことはよくあります。こんな時に、イカの活性を上げて焦らして釣る方法があります。
エギを投げ入れ、イカがエギに近づいたら離す、追ってきたら離す。といったように、小魚が逃げるようなイメージでエギを動かします。
そして、エギを巻き上げてしまいイカの視界から一瞬で消し去ります。そうするとイカはエサを見失ったと思い、探し出すんです。
その後、全く別の方向にエギを投げ入れ、とにかくイカにエギを抱かせないように、またイカが近づいたらエギを逃がして、どんどんイカのやる気スイッチを入れていきます。

4.手前の岩を利用して釣る

イカが追ってきても、なかなかエギとの距離が縮まらない時があります。早い動きで追わせるパターンは通用しません。こんな時は、足元の海底に沈んでいる岩や石積みを利用してじっくり誘う方法があります。
イカも喰いつこうかどうか考えているので、考える時間をもっと与えてあげるのです。
エギを岩の上に置いて待つんです。すると、じわじわとイカとエギとの距離が縮まってきます。もし相手が離れるそぶりを見せたら、イカの関心を維持させるようなイメージで小さくチョンとエギを動かします。
あまりにも足元に近い場所だと警戒してイカが近づかない場合があるので、自分の目で見える範囲の出来るだけ離れた場所で実践してみてください。

小さいサイズのエギは最終手段

ベーシックタイプからシャロータイプに変えてイカをキャッチできた。でも、もう喰いつく気配がない。そこでやっとエギのサイズを2.5号へとサイズダウンさせます。
秋のサイトフィッシングで2.5号のエギを使うことはとっても有効な手段ですが、最初から小さいエギを使ってしまうと、シャロータイプで釣れるはずだったイカを逃している可能性があります。
さらなる1杯を釣るためには、エギのローテーション術もテクニックの一つなんです!

ここでは、より釣果を伸ばすためのサイトフィッシングの基本からテクニックをお伝えしました。
たとえ自分の目が届かない海の中でも、このサイトフィッシングと同じようなことが起こっていますので、サイトフィッシングでなくてもイカが釣れるようになります。
これらをマスターして、エギングを楽しんでくださいね!

詳しくはこちらの動画でどうぞ。

フィッシングマイスター 川上英佑

1 2

  • Facebookシェアする
  • Twitterツイートする