ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2019年7月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ

ショアブルーEX(2)
COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
YAMASHITA(1)
アクションフィッシュ(1)
アジ(5)
アジフラッター(7)
アジング(20)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(6)
エンゼルキッス(1)
オフショア(13)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(2)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(2)
カーボンバイブ(4)
カサゴ(5)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(3)
サブマリンヘッド(6)
サヨリパターン(1)
サワラ(8)
シーバス(78)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(6)
ジキング(1)
ジギング(6)
シ-バス(8)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカ-(2)
ショアトリッカー(2)
ショアブルーEX(2)
スカッシュ(7)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(7)
スリムクローラー(4)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイトスラローム(3)
タイラバ(5)
タチウオ(15)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ダックダイブ(2)
タックル(1)
チヌ(2)
つりサミット(1)
ディープクランク(1)
デュプレックス(1)
トップウォーター(1)
ニュークロー(1)
バイラバイラ(3)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドⅡ(3)
ヒラスズキ(6)
ヒラマサ(11)
ヒラメ(1)
ファイターズスナップ(1)
ファイターズリング(1)
フィールドスタッフ(264)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(8)
フィ-ルドモニター(1)
フェイクベイツ(4)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(10)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(4)
フラペンブルーランナー(6)
フラペンブルーランナーS85(2)
ブリ(1)
ブルースコード(5)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードⅡ(9)
ブルースコードC45(2)
ブルースコ-ド(1)
ブルースコ-ドⅡ(2)
プロトモデル(1)
ボートゲーム(1)
ボートシーバス(1)
ポケッツ(5)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクィーン(2)
ポップクイーン(11)
ポップクイーンF160(1)
ポップクイ-ン(1)
マール・アミーゴⅡ(3)
マールアミーゴⅡ(3)
マダイ(5)
ママワーム(1)
ママワーム(29)
ママワーム ソフト(2)
ママワームソフト(2)
ママワームダートスクイッド(6)
マリア(22)
マルチゲーム(1)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(7)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムーチョルチア(2)
ムラソイ(1)
メタフラ(5)
メタフラ32(1)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(14)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバトロボール(1)
メバリング(2)
メバル(36)
メバルプラッギング(1)
ヤリイカ(1)
ライトエギング(1)
ライトゲーム(16)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(3)
ライトショア(1)
ライトショアジギング(7)
ライトショアプラッキング(3)
ライトルアー(2)
ライトロック(4)
ラクラクスナップ(2)
ラピード(21)
ラピード F160(2)
ラピードF130(1)
ラピードF160(1)
ラピードF230(1)
リトルビットAH(1)
リライズ(2)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックショア(2)
ロックフィッシュ(4)
ワラサ(1)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(2)
岡 公一郎(18)
岡公一朗(2)
岡公一郎(11)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(34)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(3)
香西宗正(31)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
新潟フィッシングショー(4)
真鯛(2)
西田 学(3)
西田学(14)
青物(53)
石井 栄治(3)
石井栄治(2)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
太刀魚(1)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(4)
大森崇弘(34)
稚鮎(1)
中山 剛(3)
中山剛(35)
釣りいろは(1)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(41)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(39)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

マリア - 企画開発ブログ詳細

2019/02/15 16:27 僕の必要アイテム by中山剛

タグ: フィールドスタッフ  中山剛  シ-バス  タックル 

さて、今回の内容は僕のシ-バスタックルになくてはならないアイテム
レバーブレーキ式リ-ルについて書こうかと思います。

下の写真は僕のシ-バスタックルです。



レバー無しとレバーありを例えると、車で言えば、オ-トマとトルコンみたいな感じですかね笑
ロッドのパワーは3本ともMHで、ラインの太さは3本とも1.5号、リ-ルはハイギアの
レバーブレーキ式リ-ルで、明確に違うのはロッドの長さだけです。
ロッドの長さの違う理由は、フィ-ルドに合わすためですが
他が似ているものを使うのはレバーブレーキで補えるからです。
重要な点はイメージと道具の使い方がリンクしているかですね。


それを、これから僕なりに説明していきますね。

ドラグはフルロックした状態から、少しづつ緩めながら、根がかりした時
引っ張ったら少しづつラインがジリジリ出るイメージで強めにセッティングします。
その理由は、魚の口に針をしっかり貫通させるためです。

魚とタックルの合わせたパワーを10とします。
フッキングしたら、ロッドをポンピングしながら、一気に手前まで寄せます。
イメージでは首振りもさせない感じで、パワーバランスは魚3、アングラー7。
手前まで寄せたら、ここで魚をいなします。


ここは、5:5のパワーバランスをイメージして、魚とタックルの距離も魚が降参するまで
一定の距離でファイトするように、レバーを握った状態はハンドルは逆転回転しませんから
魚が突っ込んだ時にレバーを一気に離すのではなくて、ポンピングブレーキして
魚にツッコミたいのに、思いどうりに行かないと言うストレスを与えます。
これをすると、ツッコミの距離は短くなります。
ここで注意しなくてはいけないのは、ロッドはしっかり曲げてながら、ポンピングブレーキしないと
ラインテンションが緩まり、掛かりが甘いと外れる事があります。


しかし、この作業をする事によって、かかりが甘くても、パワーバランスの
イメージが出来ていれば、レバーで補う事が出来るのです。
実際、それは何回も経験してます。
そして、最後に魚が降参してくれたら、ランディングしやすいラインの長さをレバーで調整してネットインで完了です。
レバーブレーキ式リ-ルを使って見ようと思っている方は、最初は力配分のイメージとタックル使用のテクニックが
リンクしないかも知れませんが、レバーブレーキとマリアルアーの良さが理解出来た方はもう辞められませんよ笑

日記/一覧

 

前へ  |  次へ   | 一覧