• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ

福元和孝(1)
COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
YAMASHITA(1)
アジフラッター(1)
アジング(6)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(4)
エンゼルキッス(4)
エンゼルキッス(1)
オフショア(2)
オフショアキャスティング(4)
オフショアゲーム(1)
オフショアジギング(2)
オフショアルアー(1)
オフショア青物(1)
カーボンバイブ(3)
カサゴ(2)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(1)
サブマリンヘッド(3)
サヨリパターン(1)
サワラ(7)
シーバス(44)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
シイラ(4)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカー(2)
スカッシュ(5)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(1)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイラバ(3)
タチウオ(10)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
チヌ(1)
ディープクランク(1)
トップウォーター(1)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドU(3)
ヒラスズキ(3)
ヒラマサ(3)
ヒラメ(1)
フィールドスタッフ(98)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(2)
フィ−ルドモニター(1)
フェイクベイツ(3)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(6)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(1)
フラペンブルーランナー(1)
ブリ(1)
ブルースコード(1)
ブルースコードU(5)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードC45(2)
ボートゲーム(1)
ポケッツ(2)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクイーン(5)
ポップクイーンF160(1)
マール・アミーゴU(3)
マダイ(4)
ママワーム(6)
ママワーム(1)
ママワーム ソフト(2)
ママワームダートスクイッド(1)
マリア(9)
マルチゲーム(1)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(4)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムラソイ(1)
メタフラ(4)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(4)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバリング(1)
メバル(15)
メバルプラッギング(1)
ライトゲーム(4)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(1)
ライトショアジギング(4)
ラピード(5)
ラピード F160(2)
ラピードF130(1)
ラピードF230(1)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックフィッシュ(3)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(8)
岡公一朗(2)
岡公一郎(5)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(12)
郡山 善充(2)
玄界灘(1)
香西 宗正(3)
香西宗正(9)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
庄三郎丸(1)
西田 学(3)
西田学(10)
青物(18)
石井 栄治(3)
石井栄治(2)
千葉県干潟(1)
相模湾(4)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(3)
大森崇弘(12)
稚鮎(1)
中山 剛(3)
中山剛(11)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(14)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(12)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

企画開発ブログ詳細

2017/06/01 10:55 春マサ最終戦 by岡公一郎

タグ: フィールドスタッフ  岡公一郎  オフショア青物 

長崎県平戸在住のフィールドスタッフ、岡 公一郎です。

春マサ最終戦はゴールデンウイーク最終日、オフショアゲームとなりました。

この時期の平戸は春マサも終盤戦。

というのは、例年ゴールデンウイークを過ぎた頃からヒラマサの産卵シーズンとなり

それ以降の週末は我が子の学校行事とも重なってしまい釣行出来るタイミングも

なかなか取れなくなります。

来年はもう少し釣行回数が増やせそうな予感もしますが…

タックルはジギングとキャスティングを準備し先ずはジギングからスタート。

一流し目から魚の反応があり、早々にダブルヒット、トリプルヒットと

次々にロッドが曲がり幸先よく良型のブリがランディングされました。

10キロに近そうな良いサイズのブリがランディングされていきますが同船した

アングラー皆が釣りたいのはヒラマサ。それも春らしいデップリとしたサイズ。

手を変え品を変え狙って行きますが、活性が高いのはブリのほうで、なかなか

ヒラマサの姿は現れず、散々ブリを釣っているうちにたまにヒラマサが混じる程度。

サイズ的にはブリのほうが良いくらいでした。

それならとキャスティングに切り替え「ラピード230(プロト)」をキャスト開始。

これまで何度もシブイ状況下で結果をたたき出してくれたラピード230(プロト)は

現在のウエイトが100グラムちょい(フックレス)の仕様。

飛行姿勢も安定している為、キャスティングディスタンスも抜群です。

「やはりトップは爽快でいいなぁ〜」とリサーチしていると

ブリの大群がチェイスしてきてド派手なバイト!

ドラグを締めこみ大型ヒラマサを想定したファイトを行ってみましたがヒラマサのような

「ここ一発!」の絞り込むパワーは無く、船長が差し出すネットに難なく収まりました。

その後、船上はブリパーティーに突入し、ジギングでもトップでも

いいサイズのブリがヒットしました。

そんな「ブリを20本ぐらい釣ればヒラマサが1本釣れる」的なブリ祭りが続きましたが、

終了間際で何とか小型のヒラマサをキャッチ。

残念ながらこの1本が春シーズン最後のヒラマサになりました。

昨年の晩秋からテストを続けているラピード230は、非常にいい感じで魚を出し続けています。

開発チームとモデファイを繰り返し、幾度となくバージョンが変わっています。

リリースまではもう暫くかかると思いますが、その前に手強い夏マサ相手にテストしてみたいと思っています。

シイラパターン・トビウオパターン・カマスパターン等など、このサイズのルアーでこそのゲーム展開が出来るはずです。

 

前へ  |  次へ   | 一覧