• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年4月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ

福元和孝(1)
COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
アジフラッター(1)
アジング(4)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エンゼルキッス(4)
エンゼルキッス(1)
オフショアキャスティング(4)
オフショアジギング(2)
カーボンバイブ(3)
カサゴ(2)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(1)
サブマリンヘッド(3)
サヨリパターン(1)
サワラ(7)
シーバス(22)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカー(2)
スカッシュ(5)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(1)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイラバ(1)
タチウオ(3)
タチウオジギング(1)
ディープクランク(1)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドU(3)
ヒラスズキ(1)
ヒラマサ(1)
フィールドスタッフ(36)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(2)
フィ−ルドモニター(1)
フェイクベイツ(2)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(5)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(1)
フラペンブルーランナー(1)
ブリ(1)
ブルースコードU(5)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードC45(1)
ボートゲーム(1)
ポケッツ(1)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクイーン(4)
ポップクイーンF160(1)
マール・アミーゴU(3)
マダイ(3)
ママワーム(6)
ママワーム(1)
ママワーム ソフト(2)
ママワームダートスクイッド(1)
マリア(9)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(4)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムラソイ(1)
メタフラ(4)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(4)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバリング(1)
メバル(14)
メバルプラッギング(1)
ライトゲーム(1)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(1)
ライトショアジギング(1)
ラピード(2)
ラピード F160(2)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックフィッシュ(2)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(7)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(4)
郡山 善充(2)
香西 宗正(2)
香西宗正(3)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
西田 学(3)
西田学(4)
青物(11)
石井 栄治(3)
石井栄治(1)
千葉県干潟(1)
相模湾(3)
鯛歌舞楽(2)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(3)
大森崇弘(4)
稚鮎(1)
中山 剛(2)
中山剛(4)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(5)
東京湾(5)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(5)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

企画開発ブログ詳細

2017/04/18 07:30 サーフで稚鮎パターンか!? by 福元和孝

タグ: フィールドスタッフ  福本和孝  シーバス  稚鮎 

マリア企画開発ブログを御覧の皆様、こんにちは。

マリアフィールドスタッフで鳥取県在住の福元です。

すっかり春ですね。

この季節は、遡上魚が河口に集まり、アフターシーバスがベイトを追いかけ回し、アングラーの活性が高まります。

ベイトは、3月のシロウオ接岸から始まり、稚鮎に変わろうかというタイミングなので河口絡みが最有力です。

釣行予定(4/2)の前日、北東5m・波高が2mまで荒れました。

私が住む山陰地方の外海は、北寄りの風が吹くと、向かい風になるので波が高まります。

それが、真夜中に南東の風に変わり、追い風になると波が静まり、その絶妙なタイミングになると、

荒れた時に接岸するシーバスがまだ岸際に居るので高確率で狙えます。

春先の山陰では、西→北西→北→北東→東→南東と、2、3日スパンで時計回りに風向きが変わるので、

気象庁が発表する3日先までの風向きと波浪予測から、サーフ釣りの条件が絞れます。

海が荒れる前海が荒れている最中ではなく、東〜南東の風向の、海が荒れた直後は、

・うねりが残っている

・シーバスが接岸したまま

・追い風でキャストしやすい

と三拍子が揃う好条件に当てはまります。

ということで、その絶妙なタイミングで、4/2夜明け前に出撃してみました。

フィールドでは、他にアングラーが居ないことを確認し、4時半頃からエントリー。

この場所は、真夜中にサイズが出ます。明け方はサイズが落ちるのですが、

確実にシーバスが回遊してくるので、そのタイミングで、手堅くスカッシュ125Fで狙うと、至近距離でヒット。

明るくなってきますと、水面にベイトのざわめきを確認。

これ、みえますかね。

これは多分、稚鮎パターンかなと、カーボンバイブ18gにしましたが反応が薄く、

波動を変えてフラペン85Sにルアーチェンジ。

この波打ち際でヒット。

サーフでは、このような手前のブレイクは外せません。

駆け上がりで食い上げた、いいルアーの銜え方です。

春先は、稚鮎ベイトがメインとなり、どうしてもサイズが出ませんが、

これが秋口のボラ、コノシロ、サヨリに切り替わると、いいサイズが狙えるようになります。

コンクリート構造物が無い広大なサーフでは、景色もさることながら

来るたびに微地形が変わるので魚が着く場所が変わりますが、

自然に合わせて臨機応変に探り、答え合わせをする作業が魅力ですね。

<Rod>

AIMS ブラックアロー96MH

<Reel>

EXSENCE BB C3000HGM

<PELine>

ラパラ RAPINOVA-X 1.2号

 <Shock Leader>

ナイロン30ポンド

<Joint>

SFノット

 

前へ  |  次へ   | 一覧