ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2020年10月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ

アオリイカ(250)
アカムツ(25)
アコウダイ(7)
アジ(59)
アナゴ(3)
アマダイ(17)
イサキ(42)
イシダイ(3)
イシナギ(1)
イシモチ(11)
イナダ(5)
イワシ(2)
エギイカ(30)
エギスミイカ(2)
オニカサゴ(10)
カサゴ(22)
ガシラ(1)
カツオ(16)
カレイ(2)
カワハギ(46)
カンパチ(1)
キジハタ(1)
キハダ(15)
キンメダイ(4)
クロダイ(2)
ケンサキイカ(91)
コウイカ(4)
サバ(10)
サワラ(2)
シーバス(4)
ショウサイフグ(23)
シリヤケイカ(1)
シロイカ(3)
シロギス(25)
スジイカ(1)
スズキ(2)
スミイカ(158)
スルメイカ(313)
その他(19)
タイラバ(2)
タコ(2)
タチウオ(115)
タチウオテンヤ(2)
テンヤ(5)
トラフグ(4)
ハゼ(3)
ハタ(2)
ハナダイ(14)
ハマチ(1)
ヒイカ(1)
ヒラマサ(9)
ヒラメ(43)
フグ(3)
ブリ(6)
マイカ(15)
マグロ(8)
マゴチ(3)
マダイ(144)
マダコ(17)
マルイカ(446)
ムギイカ(40)
ムツ(3)
ムラサキイカ(11)
メゴチ(1)
メジナ(1)
メダイ(2)
メバル(15)
モンゴウイカ(2)
ヤリイカ(394)
やり方(1)
ライトタチウオテンヤ(1)
ライトルアー(1)
ワカサギ(2)
ワラサ(22)
海上釣堀(1)
関西(1)
玄海灘(1)
真鯛(1)
船イカ釣果速報(137)
船釣りCOMMUNITY(4)
太刀魚(6)
太刀魚テンヤ(3)
鯛(1)
鯛歌舞楽(4)
大阪湾(2)
大阪湾タチウオKINGバトル(1)
中深海(1)
潮汐(2)
能古島沖(1)
波動ベイト(2)
博多湾(1)
猛光太刀魚テンヤ(2)
料理(14)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - 船BLOG詳細

2015/07/29 04:00 味が自慢!剣崎イサキ釣行記

タグ: イサキ 

みなさんおはようございます!

夏真っ盛りのこの時期ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか・・・?!

私ひょーどるは最近マルイカばかり追いかけていましたが、
先日は一か月ぶりに魚を狙って沖へ出てきました!


今回のターゲットは、ライトウイリーにて狙うイサキ!
剣崎松輪より出航です!




剣崎沖のイサキ豊富なエサを食べ、激流に揉まれているため、上質な脂が乗っており、釣り人の間ではブランドとなっている高級魚。

ただ一方で、他の地域のイサキとは違い、タナをしっかり合わせウイリーとコマセを上手く同調させないとなかなか口を使ってくれないシビアな釣りでもあります・・・。



とはいえまずはどういう形であれど、とりあえずお土産を確保したい朝イチの時間帯。

テクニカルに楽しむ方向性は一時的に置いといて、
ウイリーonオキアミという邪道スタイルでスタート。笑




すると狙い通り・・・小さいですが一投目からゲット~♪



このペースなら50匹いける?と思いきや、思うようにあとが続かず・・・。
さすがシビアで有名な剣崎イサキ。そう簡単ではありません。




この日の指示棚は20~13mでしたが、
食ってくるのはほぼ指示棚の一番上。



少し上げすぎると



コイツ。



かといって下でコマセを撒きすぎると・・・




コイツ。。。

次第にコマセが効きだし、マルソウダがどんどん元気になってきたので、オキアミを付ける邪道スタイルは終了。
ウイリー一本のテクニカル路線で勝負します!



さて、ここからが本番!
釣果を上げるコツは、

①指示棚の中のピンポイントで、アミコマセの煙幕をつくり、仕掛けと同調させること。
過去の風雲児MASA氏のログを参考に、潮の流れ、船の動きをイメージしながら、コマセを出していきます。




②コマセは出なさ過ぎても、撒きすぎてもだめ。
理想はタナを2周してコマセがちょっと残るぐらい。




こんな感じでベストな出方が出来ているときは・・・
連荘、そして、時にダブルヒットも!
上手くタナがあって食ってくれると楽しいですね~




後半はアタリこそ多くなりましたが、
食べるところのないのウリンボがほとんど!
仕掛けと比較してもこのサイズ・・・。



結果的に32匹(リリース除く)と、数は満足でしたが、
良型は1匹も出ずに終わってしまいました・・・・・・・・・・・・・・・・




不完全燃焼のまま帰宅し、すぐに料理開始!
いくら剣崎沖のブランドイサキといえど、小型なので食味はそんなに期待はしていませんでしたが・・・
捌いてる段階から、脂が滴る滴る!!
釣りたてを塩焼きで頂きました!



美味すぎるーーーーー!!!
20cmサイズで、この脂?!?!
こんな美味いイサキは初めて食べました!





テクニカルな釣味からの、絶品の食味。
そんな味自慢の剣崎イサキ、皆様も是非釣行されてみてはいかがでしょうか?!







byひょーどる

 

前へ  |  次へ   | 一覧