私たちは、一人でも多くの人に釣りの楽しさ、喜び、感動を提供します。

YAMASHITAは、船や岸釣りの仕掛を提供し、イカ釣りでは世界トップクラスの海釣りブランドです。

Mariaは、海のルアーフィッシングのパイオニアであり、プラグは金型から梱包まで一貫して国内生産をしています。

釣りの楽しさや感動を分かち合い、幸せな釣り人生を送ることを目的としたコミュニティサイトを運営しています。

釣りを通じてライフスタイルをより豊かにしていただくことを目的としたお役立ちサイトです。

私たちの活動・取り組みや、採用情報を掲載しています。

お問い合わせフォームです。

アオリコミュニティの活動報告などをお知らせします。

2014/05/22 15:23 2014年5月22日 神奈川県 岩
タグ: 【ヤマリア産卵床】神奈川県 岩 

  
@今回は、産卵床にする木の切り出しからスタート。
おなじみの岩ダイビングセンターの田端さん、見事なチェンソー捌きです。

軽トラに積んで・・・。



A軽トラに積んで・・・いやっ?軽トラで引っ張って・・・??、港へ運びます。



Bフジタ君、ヤマナカ君、二人で協力して木の枝を束ねて、土嚢の口を縛って・・・・・準備完了!!


 
C今回は、船で運んで設置ポイントに落とします。

   産卵床は船に積んだ土嚢に縛って曳航します。土嚢の投下準備も整って、いざ出航!



D設置ポイントの旗を目印に・・・・・、投下〜!



E産卵床は土嚢に引かれて無事に設置ポイントへと沈んで行きました。



Fこの日の水温は18℃。

今日現在、5月8日に設置した産卵床にも、まだアオリイカは現れていないようですが・・・、

もうすぐですよネッ!田端さんッ??




続報をお楽しみに・・・ごきげんよう、さようなら。

コメント
2014/05/20 15:43 2014年5月17日 神奈川県 通り矢
タグ: 【ヤマリア産卵床】神奈川県 通り矢 
三浦ダイブセンターより、アオリイカ産卵床設置後の潜水調査の続報です。







設置から3週間

産卵床に産み付けられる卵の数は、日に日に多くなってきました。

この日は8 匹のアオリイカの姿が確認できましたが、こちらを警戒し近くに寄らせてもらえませんでした。


データ

日時 2014年5月17日 12時12分〜12時53分

水温 :17℃
 
透明度 6 m

では、続報をお楽しみに。
コメント
2014/05/13 11:52 2014年5月10日 神奈川県 通り矢
タグ: 【ヤマリア産卵床】神奈川県 通り矢 
三浦ダイブセンターより、4月23日に神奈川県 通り矢に設置した産卵床に、1組のアオリイカが産卵に現れたとの第一報です。

@4月23日に設置した産卵床です。




A産卵床にアオリイカが近づいて行きます。




B遠くからそっと観察していると、卵を産み付け始めました。




C卵です。

これから、次々とアオリイカが産卵にやって来ますように・・・。




データ

日時 2014年5月10日 14時10分〜14時58分

水温 水面:17℃
 
水底:16℃

透明度 8 m

では、続報をお楽しみに。
コメント
2014/05/08 20:17 2014年5月8日 神奈川県 岩
タグ: 【ヤマリア産卵床】神奈川県 岩 
NEW 2014年5月8日


今回のアオリコミュニティー、産卵床設置支援活動は神奈川県真鶴町の岩海岸です。

岩ダイビングセンターの田端さんのご指導で、まずは切り出した木の枝をしっかりと縛ります。



次に、産卵床を海中に沈めるための重しになる土嚢を用意、中の砂がこぼれないようにしっかりと口を閉じて・・・。



今回はあらかじめ海中に沈めてある土嚢を使用します。

この先は、田端さんの出番です。



酸素ボンベを背負い、巨大な産卵床を引っ張って海中に消えてゆきます。

「田端さん、頑張れ!」



ゴールデンウィーク前は15℃だった水温も、この日は17℃まで上がり、アオリイカの産卵開始目前!

田端さん曰く「今週中にも産みに来るかも・・・?」

岩海岸では、2週間後の5月22日にも産卵床を設置予定です。

それでは、続報をお楽しみに!
コメント
2014/04/24 17:27 2014年4月23日 神奈川県 通り矢
タグ: 【ヤマリア産卵床】神奈川県 通り矢 
先週に引き続き、今週は4月23日に神奈川県三浦市の通り矢にアオリイカ産卵床を設置してきました。



@今回は、産卵床にする”モチノキ”を切るところからスタート!

ここは旧YAMARIAの工場跡地、切るのは、新入社員のFUJITA君〜がんばれ。



A切り出した”モチノキ”を台車に載せて港まで運び(行程10分です)、船に積み込みます。



B”モチノキ”に錘をベルトで固定し、出港〜!

航程は約5分、

以下、産卵床投入の連続写真です。

”新入社員”と入社二十年目の”ご老体”の連係プレイで無事設置完了〜!!



「おまえも一緒に沈むか〜。」・・・なんて言ってませんよ〜。(笑)

では、続報をお楽しみに。
コメント
2014/04/24 15:16 2014年4月15日 静岡県 いとう漁業共同組合 富戸支所
タグ: 【設置支援】静岡県 いとう漁業協同組合 富戸支所 
今年も、アオリコミュニティの産卵床設置作業が始まりました。

第一弾は4月15日、初夏を思わせる日差しの中、静岡県東伊豆いとう漁協の設置作業のお手伝いに行って参りました。

今回はいとう漁協の4つの支所(伊東、宇佐美、川奈、富戸)で一斉に産卵床を設置します。

@まずは、アオリイカの産卵床にする”モチノキ”の収集です。

”モチノキ”は枝葉の密度が濃く、海中で葉が落ちにくいといわれ、産卵床に適しているとの事です。

あらかじめ、伐採された”モチノキ”の枝葉をトラックに詰め込み。それぞれの港へ出発〜。

私たちは今回、富戸支所のチームに同行させて頂きました。






A港に着くと、トラックから”モチノキ”を下ろし、ロープで束ねて行きます。

束ねた”モチノキ”の産卵床は、クレーンを使って船に積み込み、海底で安定させ、潮流に流されないように”土のう”の錘

を取り付けて完成。

船に4基の産卵床を積み込み、出船。






B富戸港の沖の水深15メートルの地点に一斉に”投入〜!”

この日は、2地点に4基ずつ、計8基の産卵床を設置しました。




たくさんのアオリイカが、たくさんたくさん卵を産んでくれますように〜。




コメント
2013/05/02 16:48 2013年5月2日 神奈川県 岩
タグ: 【設置支援】神奈川県 岩ダイビングセンター 

4月末のとある日。。。
岩ダイビングセンターからアオリイカが接岸してきたよ!とのご連絡が。
いよいよアオリイカが産卵のためにやってきたのです。

早速、気候が落ち着いたタイミングを見て、いざ産卵床の設置へ!




まずは木を切り、トラックに積み込みます。
葉がたくさんついていて、ポロポロと落ち難い木を活用すると良いのです。




これを漁港に持ち帰り、早速、海底へ設置に向かいます。
ダイバーの皆さん、宜しくお願い致しますm(_ _)m

 


岩漁港近辺は水温も17℃まで上がっているようで、アオリイカが産卵するには良いタイミング♪
18℃まで上がれば本格的に産卵シーズン突入です。




産卵床はダイバーさんの手によって、海の中へ。




水深8mの比較的浅い場所に設置します。
アオリイカは浅場に接岸して、海草などに卵を産み付けるのです。

 

これで産卵の受け入れ態勢はバッチリ(>▽<)b
すでにちらほらやってきているようで、明日にでも産卵かな?

コメント
2013/04/18 14:00 2013年4月16日 静岡県 いとう漁業共同組合 川奈支所
タグ: 【設置支援】静岡県 いとう漁業協同組合 川奈支所 

今年もアオリイカ産卵床設置の季節がやってきました!
水温が17〜18℃になればアオリイカの産卵が始ります。

その産卵前にいとう漁業共同組合では設置を行います。
今回は川奈支所へ行ってきました。

@まずは木を切るところから。
これが産卵床となります。
アオリイカは木の葉っぱに卵を隠すように産み付けるので、葉っぱがたくさんついているものを選びます。
枝が少なかったり、葉っぱがスカスカのものは好ましくないのです(  ̄_ ̄)

 



A木を漁港に運んで、産卵床作り。
切った木を数本束ねて、枝や葉っぱのボリュームを増やしている作業風景。
海中に沈めたときに、潮流を受けてバラけないようにヒモでしっかり縛ります。
全部で70〜80基くらい作り上げましたのですが、大変な作業なんです・・・( ̄ロ ̄lll)

 

B束ねた木を船に積み込み、産卵場所へ設置。
産卵床の数も70基となれば人の手では運ぶのが大変な作業( > <; )
なのでクレーンを使って船に積み込みます。
船に積み込んだら、良く工事現場で見かける黒い袋「土嚢」と呼ばれるものを産卵床に結び、海へ投入します。
土嚢は海底まで沈める役割と、潮流に流されないようにするためのオモリです。

 

これで設置は完了!
海の中には小さい森が出来るようなイメージです。
これがアオリイカの良い産卵場所になっているんですね♪

コメント
2012/08/11 15:20 2012年8月6日 神奈川県 通り矢
タグ: 【ヤマリア産卵床】神奈川県 通り矢 

今回の調査でハッチアウトもほぼ終了。

卵はこんな様子。




遅くに産まれた赤ちゃんがちらほら見られます。

潮が1サイクルするごとに一回り大きくなると言われているほど成長の早いアオリイカ。
9月、10月になれば漁港や堤防などでエサを探している姿が見れるでしょう。





これから、無事に成長した姿を見れるのが楽しみです♪
ここで産まれた赤ちゃんが、また来年この場所へやって来てくれることを願って。



これにて今年の調査はおしまい。

コメント
2012/08/11 15:08 2012年7月28日 神奈川県 通り矢
タグ: 【ヤマリア産卵床】神奈川県 通り矢 

孵化もいよいよ終了モードになってきました。

卵の中にうっすらと黒い目玉が見えているのが分かりますか?
今にも卵から飛び出しそうな雰囲気です(^^)♪



口元に栄養袋が残ったまま飛び出した赤ちゃん。




周りには赤ちゃん達の天敵となるネンブツダイがこんなにも・・・
残念ですが、ハッチアウトしてすぐに食べられてしまうことも多いのです。

コメント

105件の記事

カレンダー

<< 2017年4月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom