私たちは、一人でも多くの人に釣りの楽しさ、喜び、感動を提供します。

YAMASHITAは、船や岸釣りの仕掛を提供し、イカ釣りでは世界トップクラスの海釣りブランドです。

Mariaは、海のルアーフィッシングのパイオニアであり、プラグは金型から梱包まで一貫して国内生産をしています。

釣りの楽しさや感動を分かち合い、幸せな釣り人生を送ることを目的としたコミュニティサイトを運営しています。

釣りを通じてライフスタイルをより豊かにしていただくことを目的としたお役立ちサイトです。

私たちの活動・取り組みや、採用情報を掲載しています。

お問い合わせフォームです。

アオリコミュニティ

2017/08/10 10:39 2017年8月9日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター

アオリコミュニティ第15弾は

8月9日のミウラダイブセンター様からの報告です。

産卵床設置から、約3ヶ月と1週間が経ち

多くの卵がハッチアウト(孵化)を終え、産卵床も

抜け跡が多くみられるようになりました。

この産卵床の周りには、多くのアオリイカの赤ちゃんが確認できています。

この赤ちゃんも、生まれて間もない個体になります(^^)

少し引き目に見ると、キリン柄のようにも見えますね〜

そして、アオリイカの赤ちゃんが多く生まれたことで

赤ちゃんを狙う、天敵が顔を見せているとの報告がありました。

その天敵がこちら↓

赤い○で示した天敵の魚達が、メバル、ベラ、ネンブツダイになります。

この魚達は、孵化したてのアオリイカの赤ちゃんを狙っているようです。

産卵床の上部で、待ち構えているようにも見えますね(゜o゜)

やはり、大自然の中で生き抜いていくことは、大変だということです。

このことからも、この中から親になれる確率は、非常に低いことが分かります。

8月から9月にかけて、海でみることのできる、とても小さなアオリイカは

将来の資源のことも考え、なるべくリリースすることを念頭に考えましょう☆

この行動は、将来のエギングを末永く続けていくことにも繋がっていくと私は思います。

no Eging no squid

イカがいれば、エギングはある

8月9日 海況情報

水温-水底(24℃)-水面(26℃)

透明度-15m

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom