私たちは、一人でも多くの人に釣りの楽しさ、喜び、感動を提供します。

YAMASHITAは、船や岸釣りの仕掛を提供し、イカ釣りでは世界トップクラスの海釣りブランドです。

Mariaは、海のルアーフィッシングのパイオニアであり、プラグは金型から梱包まで一貫して国内生産をしています。

釣りの楽しさや感動を分かち合い、幸せな釣り人生を送ることを目的としたコミュニティサイトを運営しています。

釣りを通じてライフスタイルをより豊かにしていただくことを目的としたお役立ちサイトです。

私たちの活動・取り組みや、採用情報を掲載しています。

お問い合わせフォームです。

アオリコミュニティ

2017/08/01 00:00 2017年7月26日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター

タグ: アオリコミュニティ  ミウラダイブセンター  産卵床 

アオリコミュニティ第13弾は

7月26日のミウラダイブセンター様からの報告です。

産卵床への卵の産み付けは、終盤を迎えアオリイカの親の姿はほとんど見えなくなりました。 

しかし!7月22日にアオリイカの赤ちゃんの孵化が初めて確認できました(^^)

前回の投稿で説明した栄養袋が→で示したものになります。

卵嚢(らんのう)の中にいる間は、この栄養袋から栄養を補います。

そして、外に出てきて1日もしないうちに、この栄養袋は取れてしまいます。

その瞬間からアオリイカの赤ちゃんの弱肉強食の生活が始まるわけですね(゜o゜)

ちなみに、アオリイカの赤ちゃんの主食は動物プランクトンになり

成長するにつれ、魚の稚魚や甲殻類の幼生などを食べるようになっていきます。

またアオリイカの最大の欲求は食欲といっても過言でないと言われているように

たくさんの餌を食べ、1ヵ月で約4cm大きくなります。

頑張れ!赤ちゃん 応援してます!

この写真中央は、卵嚢(らんのう)から赤ちゃんが出た後の様子になります。

また、赤い○で示された卵は、まだ発生途中のもので、後2週間ほどで孵化といったところです。

今後も、アオリイカの孵化を中心に進捗をご報告させていただきたいと思います。

7月26日 海況情報

水温−水底(20℃)−水面(24℃)

透明度−7m

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom