私たちは、一人でも多くの人に釣りの楽しさ、喜び、感動を提供します。

YAMASHITAは、船や岸釣りの仕掛を提供し、イカ釣りでは世界トップクラスの海釣りブランドです。

Mariaは、海のルアーフィッシングのパイオニアであり、プラグは金型から梱包まで一貫して国内生産をしています。

釣りの楽しさや感動を分かち合い、幸せな釣り人生を送ることを目的としたコミュニティサイトを運営しています。

釣りを通じてライフスタイルをより豊かにしていただくことを目的としたお役立ちサイトです。

私たちの活動・取り組みや、採用情報を掲載しています。

お問い合わせフォームです。

アオリコミュニティ

2017/07/20 15:12 2017年7月19日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター

タグ: アオリコミュニティ  ミウラダイブセンター  産卵床 

前回から約1週間が経ち、関東でも梅雨明けが発表されました☀

今後も、暑い日々が続きますので、釣りに行く際は多めの水分を持っていきましょう!

では、アオリコミュニティ第12弾(ミウラダイブセンター様共同)の報告をどうぞ!

一般的にアオリイカの産卵期は「4月〜7月」だと言われているように

三浦のアオリイカの産卵シーズンも終わりに近づいています。

そのことを証明するかのように、5日前の7月14日から親のアオリイカの姿が

確認できていないという情報をいただきました。

しかし、この寂しい情報とは反対に、嬉しい情報も入ってきました。

それは、何かと言いますと...

卵膜の薄くなった卵嚢の全体数が増え...更に

卵の発生が進み、徐々にイカの形になってきている卵が確認できました(^^)

それが、赤い○で示された円状の2つをまとめた部分になります。

雪だるまの様に見えるのは私だけでしょうか?笑

ここで豆知識です!

赤い○の中の上部の○がイカ本体になり、

下部の○は、イカが卵膜から出るまでの栄養袋になります。

分かりやすい、例を挙げると人間の赤ちゃんがへその緒から栄養を受けとる

原理と同じようなものになります。

このようにして、アオリイカの赤ちゃんは外に出ていくまでの成長を進めていきます!

これからは、アオリイカの卵・赤ちゃんを中心に報告をさせていただきたいと思います。

7月19日 海況状況

水温-水底(24℃)-水面(25℃)

透明度-2〜4m

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom