ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年11月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - 船BLOG詳細

2017/02/17 04:00 マルイカに中オモリ ~五連サルカン~ by風雲児MASA

タグ: マルイカ  ケンサキイカ  マイカ 

マルイカに中オモリを使用する歴史は古く、

ブランコつり最盛期2000年には既に使用されていました。

当時の中オモリを使用するの主要な理由は

・「取り込み時に仕掛けをさばきやすくする」

でした。

ところが、変化が現れます。

ちょうど2003年頃に現在の

「ブランコ仕掛け」、「直ブラ仕掛け」のちょうど中間の仕掛け

「ショート仕掛け」がマルイカに使用され始めます。

※この仕掛けについては動画「榎木雅彦のマルイカ解体新書」で当時紹介しています。

この仕掛けの一番のメリットは

・「20m程度底から浮いたイワシ付きのマルイカに効果的」

でした。

それは、「良く動く仕掛けに直ぐ反応するマルイカ」達であったため

発生した必然の流れです。

そこで注目され始めたのが、「中オモリ」

中オモリを使用する事で、仕掛けを激しく動かすことが出来、

「ショート仕掛け」と共に繁栄していきました。

これに伴い、絶えず「20m浮きのマルイカ」がいる訳ではないので、

変化が現れ始めます。

それは、ヤリイカやカワハギと同じ、中オモリの重さを利用した。下オモリを着底させたうえでの

釣り方。いわゆる現在で言う「ゼロテン」釣法になります。

当時、ちょうど「直ブラ仕掛け」が発達の一途をたどった時期であり、現在に至るわけです。

※長くなるので 随分端折りましたwすみません

では「中オモリのメリット」とは何なのでしょうか?

それは、大きく2つあります。

①仕掛けを楽に動かすことが出来る。

②写真のように荒れた天候でもイカの当りを出すことが出来る。

特に現在では②が最も有利で中オモリを使用して是非「ゼロテン釣法」を試してみてください。

悪天候、うねりが大きい時には特に効果が解ると思います。

是非参考までに!

⇓こんな荒れてきている日には特に良いですよ。

ちなみにMASAの使用する「中オモリ」は

・五連サルカン

http://www.yamaria.co.jp/yamashita/product?article_data_keyword_filter=5%98A%83T%83%8B%83J%83%93&cmdArticleSearch.x=0&cmdArticleSearch.y=0

では今回も早めですが、この辺りで

皆様の釣りに少しでも役に立ちますように

by風雲児MASA

    • 釣行記
    • 商品インプレ
    • 初心者講座

 

前へ  |  次へ   | 一覧