ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年10月 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - 船BLOG詳細

2014/11/29 04:00 澤ちん 冬物語・・・エギイカ

タグ: アオリイカ  スミイカ 

今年は、ちょっと苦戦しています。

11月下旬というのに、アオリイカの釣果が安定していません。

出船している船も少なく、ちょっと難しい感じですね。

てなわけで、エギイカ乗合として、アオリイカもスミイカも狙っている

山下丸さんに行ってきました。

アオリイカ乗合の場合は、水面からの深さで棚を指示して

短いピッチでシャクっていくパターンが現在の主流ですが

山下丸さんは底まで中オモリを沈めて棚を底からとる釣り方です。

これが全国的には主流な釣り方ですね。

さて、釣況です。

なんと、この日は開始直後から、アオリイカをキャッチ。

エギ王KHF 3.5 R04 WB です。

2流し目でもキャッチ。(写真なし。すみません。)

そして3流し目でもキャッチ。

エギ王JPプラス 3.5 B01 OG 

(ちなみに、JPプラスで初キャッチ。)

すばらしい一日の開幕でした。

東京湾の船アオリでは、下げ潮が流れていると

チャンス大です。この日もそのパターンです。

当日、私の作戦はこうでした。

①アオリイカをメインで狙う。

②棚はまめにとりなおし、底から5mを狙う。

③エギは、エギ王KHF 3.5-4.0をメインで使う。

④カラーはピンク・オレンジをメインで使う。

この作戦がバッチリはまったのが3流し目まででした。

その後、下げ潮が流れなくなり、移動。

まわりの皆さんは、ポツポツとスミイカをキャッチしています。

専門でスミイカを狙っている方は、500グラム級の大型を

キャッチしていました。羨ましい。

私はというと、朝の絶好調がうそのように、まったく

良いところがなく、納竿となってしまいました。

やっぱり、難しい今年のアオリイカ。

でも、また挑戦します。

 では、また来週!!

    • 釣行記

 

前へ  |  次へ   | 一覧