釣り糸の結び方(糸とパーツ類の結び)

 クリンチノット

金属環とラインの定番の結び方のひとつ

比較的細いラインをサルカンやスナップなどの接続金具、あるいはルアーに結節するときに用いられる結びで、海釣りや川釣りなどの幅広いジャンルで広く普及している。
構造が単純で素早く作れ、強度もなかなかのもの。ただし、太いラインでは結び目がほどけやすいのが欠点だ。とくに滑りのよい高級なナイロンラインを使う場合などは、最後の締め込みに細心の注意を払って結ぶようにしたい。
ほどけやすいという欠点を補って、しっかりとした強度を保つためには、ラインの巻き付けの回数を最低5回以上にすること、唾液などで湿らせてから締め込みをすることも大切だ。

実際の結び方

1. ラインの先端を金属環にくぐらせて、10~15センチほど折り返す。そして、ラインの先端側を本線に5~6回巻き付ける。両手をうまく使って、本線を張りながら作業するとやりやすい。また、サルカンに結ぶ場合は、回転部も同時に押さえておかないとクルクル回ってラインがほどけてしまうので注意。

2. ラインの先端を折り返し、環のそばにできたループの部分に通す。

3. さらにラインを折り返して、いまできた大きなループにライン先端を通す。

4. 作業中は指先をうまく使って、巻き付け部分が緩まないように軽く押さえておくのがコツ。これによって、結び目を締め付けたときに、きれいに仕上げることができる。

5. ノット全体を唾液などで湿らせ、巻き付けたラインが重ならないようにしながら、ラインがヨレないようにゆっくりと締め込んでいく。最後に、結びしろをカットして完成。

pagetop