ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

カレンダー

<< 2018年9月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

ヤマシタ - 船BLOG詳細

2016/08/26 04:00 イカ釣り用疑似餌のお話し ~色について~ by風雲児MASA

タグ: ヤリイカ  ケンサキイカ  マイカ  マルイカ  スルメイカ  アオリイカ 

まず最初に、今回のお話しの範囲を明確にいたします。

それは、「色」に関するお話しであって、「光り方」については明記しないということです。

具体的には「蛍光や蓄光を除き、可視光線範囲」でお話しします。

とまあ、そんなに仰々しくするつもりもないのですが、イカ釣りで使う道具には、

上記商品も多い為、混乱を除くための範囲です。

 さて、イカ釣り用疑似餌では代表的な色が3つ御座います。

それは

・ピンク

・ブルー

・グリーン

この時点で、ピンと来た人はすごいと思います。専門職の人かもしれません、

では補足をすると

・イカはどんな光の状況でも好む色として 「虹色」 があります。

いかがでしょうか!? 当たり前だろうと思った人はすみません

何を言いたいかと言いますと

先ほどの3つを少しもじり、英語に変換するとわかりやすいです。

・ピンク⇒赤(Red)

・ブルー(Blue)

・グリーン(Green)

これよくよく見るとわかりますが、

「色の三原色」なのです。

そしてこれらを、合わせて印刷したものを 「虹色」 としています。

人の眼の進化とイカの眼の進化は異なるため、

人の眼の様に三原色それぞれの視神経細胞の活性状況により様々な色が見えているかは

わかりませんが、実質今現存しているイカ釣り用疑似餌では、上記3つは重要です。

もしあなたが、色に迷ったときは、このことを念頭に考えていただくと

良い結果につながるかもしれません。

少しでも皆様の釣りが良いものになりますように。

本日はここまでとさせていただきます。

by 風雲児MASA

    • 初心者講座

 

前へ  |  次へ   | 一覧