• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年10月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

製品検索

キーワード

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

YAMASHITA_船BLOG詳細

2017/10/13 04:00 カラーについての考え方 by風雲児MASA

タグ: マルイカ  タチウオ  アオリイカ  イサキ 

今回お店でのイベント「エギカラー診断士」を行っていた際に気になったことです。

お客様の悩み事として色々ご相談頂く中の一つ。

「エギのカラーの使い分けが解らない」

が有ります。流石に知識がないと、色々のエギがある中で、どれを選んだら良いのか?「失敗せず釣れるのか?」は気になるところだと思います。

とこれってどこかで聞いたことありませんか・・・?

そう、マルイカで言う「スッテの選び方」ですね。

他にもタチウオルアーの「カラーローテーション」などなど、似たような悩みは種々有ります。

この悩み実は、意外と簡単に解決する方法があるのです。

それは、

「タチウオ」で良い方法は「アオリイカ」でもある程度通用する。」

・・・です。

これは「管理釣り場のマス」でも「ライトウィリーのイサキ」でも構いません、色を使い分けて、疑似餌で釣るものであればある程度通用するのです。

「疑似餌の色にはそれぞれ理由があり、様々な選別の上で今商品になっています」

それらの色や大きさ、使用する水深などの環境が異なれど、色の差の特性は基本的には同じなのです。

何を言いたいか?

もし、疑似餌を使用する釣りで「1つ得意な釣り」があるのであれば、その釣りで有効な方法を他の釣りにも適応してみてください。

最もそれぞれの釣りの「色の真意」に近づきやすいですよ。

本日は妄想全開でしたが、この辺りで・・・

皆様の釣りに少しでも役に立ちますように

by風雲児MASA

    • 日記
    • 初心者講座

 

前へ  |  次へ   | 一覧