ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

江戸前鯛テンヤ

江戸前鯛テンヤ

東京湾 鯛テンヤパイオニア「野毛屋勇治船長」完全監修。


  • Facebookシェアする
  • Twitterツイートする

特徴

錘形状

潮が速い東京湾では丸形状がストレス無く、底取りできる。
併せて、糸穴を中心にすることでシャクリ上げる時の抵抗感も少なくなる。
勇治船長のこだわりを踏襲しつつ、複雑な波動を発生させる「ミラーボール形状」を融合

常に誘い続ける勇治式テンヤではエサのズレは釣れなくなる大きな要因。
特に最近では活きエビの入手が難しくなっているので、冷凍エビが主流になっている。
「勇治船長」が考案した冷凍エビでもズレにくくなる刺し方「勇治刺し」

 

「勇治刺し」を行うことで激しいシャクリにおいてもズレることを最小限に抑えることが出来る。

 

サルカンを外すことで錘の交換・針の交換が可能に。
絡みが少ない「固定式」を採用⇒勇治船長のこだわり

勇治式鯛テンヤ

 

一つテンヤでは軽い重量を使用することがメインになっているが、勇治式鯛テンヤでは重たい重量を(10号~)使用することで、着底感をしっかりと手元に感じることが出来る。
丸形状にしていることも相まって簡単に底取りが可能になっている。
動かし続ける釣りになるので、勇治刺しを行うことでエサズレのストレスも少ない。

魚が底から上に浮いていると感じた場合は底から上げた状態で「シャクリ上げ~上げた分を落とす」を繰り返すことで中層も狙える。

仕様

勇治船長こだわりの「丸形状」「糸穴位置」複雑な波動を発生させる「ミラーボール形状」を融合

 
  • 海老レッド

    勇治船長のお気に入りカラー。
    状況を選ばないカラー。ケイムラコーティングで深場でのアピールも高い。

  • 海老オレンジ

    鯛釣りの伝統的定番カラー。
    持っていて間違いないカラー。

  • オレ金

    濁り潮に強いカラー。
    金の程よい反射で魚にアピール。

スペック

※横スクロールでご覧いただけます。

注文番号 商品名 重さ
596-182 江戸前 鯛テンヤ 10号 01 海老レッド 10号(38g)
596-199 江戸前 鯛テンヤ 10号 02 海老オレンジ 10号(38g)
596-205 江戸前 鯛テンヤ 10号 03 オレ金 10号(38g)
596-212 江戸前 鯛テンヤ 12号 01 海老レッド 12号(45g)
596-229 江戸前 鯛テンヤ 12号 02 海老オレンジ 12号(45g)
596-236 江戸前 鯛テンヤ 12号 03 オレ金 12号(45g)
596-243 江戸前 鯛テンヤ 14号 01 海老レッド 14号(53g)
596-250 江戸前 鯛テンヤ 14号 02 海老オレンジ 14号(53g)
596-267 江戸前 鯛テンヤ 14号 03 オレ金 14号(53g)
596-274 江戸前 鯛テンヤ 16号 01 海老レッド 16号(60g)
596-281 江戸前 鯛テンヤ 16号 02 海老オレンジ 16号(60g)
596-298 江戸前 鯛テンヤ 16号 03 オレ金 16号(60g)