• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ
喰わせサビキ
発売:2017.8下旬

喰わせサビキ

食物連鎖を利用した究極のライトゲーム

製品ジャンル 船釣り用仕掛、
対象魚 イナダ(ハマチ)、ヒラメ、
釣り場 船、

特徴

●小針ながら高強度でエサ付きもいい「オーナー製 剛輝」採用。太ハリスとの組み合わせで大物とも余裕のファイト。

●超発光オーロラ糸+サバ皮で小魚へのアピールマックス。大物との対峙の回数が違う。

●4本針はライトタックル対応。エサの付きで勝負するなら迷わず6本針。こだわり派は4本針2連結使用で小魚確保。


■超発光オーロラ糸の発光イメージ

自然光での状態 ブラックライト照射

仕様

■BKSK611 ベイトを数付けるならコレ

喰わせサビキの基本を維持しつつヤマシタ的なアレンジを施したサビキ。
針には小針ながら強度に優れ、鏡面仕上げでキラメキを強化した「OH剛輝」を採用。
さらに小型サイズにカットしたサバ皮に超発光オーロラ糸で完全武装。
エサとなる小アジ、イワシの針掛かりもよく、中型青物、ヒラメ等の狙いの魚も余裕のやり取りでいなす繊細さと強度を実現。
専用ロッドで釣りをする方、エサ付けの数でチャンスを広げたい方には有効なサビキです。

※針数が多いサビキは取り込みの際、細心の注意を払ってください。

■BKSK411LT ショートロッド対応

入門者の方、船釣り経験の浅い方にも記憶に残る魚を獲ってほしく、BKSK611を4本針に仕立て直しました。
針数が少なければ船上での扱いもより楽になり、トラブルも少なくなります。
また入門者の方が最も苦戦する取り込みも、仕掛の短さから船長との連携プレーもスムーズになり、大切な魚をしっかりキャッチできます。
ショートロッド、ゲームロッドで数釣りよりも魚とのやり取りを楽しみたい釣り人にもベストマッチした仕掛です。

スペック

注文番号 製品名 針−ハリス−幹 針数 針仕様
590-166 喰わせサビキ BKSK611 7-6-8 6本針−1組 剛輝
590-173 喰わせサビキ BKSK611 7-8-10 6本針−1組 剛輝
590-180 喰わせサビキ BKSK611 8-10-12 6本針−1組 剛輝
590-197 喰わせサビキ BKSK411LT 7-6-8 4本針−2組 剛輝
590-203 喰わせサビキ BKSK411LT 7-8-10 4本針−2組 剛輝
590-210 喰わせサビキ BKSK411LT 8-10-12 4本針−2組 剛輝

他の製品を探す
製品一覧に戻る