• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ



メリット セット方法 使い方 ワンポイント



―数釣りストの最終兵器!エギ+スッテでダブルヒットが可能に!―
ツツイカをターゲットに絞った新感覚のエギングであるツツイカエギングは、群れで回遊するツツイカをいかに効率よく狙い撃ちし、数を稼ぐかが大釣りのコツとなります。
ツツイカエギングの総合ブランドである「NAORY」はとにかく人よりも数を釣りたい!そんな欲張りなアングラーのために、「アシストリグ」を提案します。

 


☆アシストリグ関連商品ラインナップ

アシストリグセットRH
製品情報
おっぱいスッテ
製品情報
アシストリグリーダー
製品情報

 

ダブルヒットで手返しをアシスト!
エギとスッテを同時に投げることで、通常のエギングスタイルではなし得なかったダブルヒット(2杯同時掛け)が可能になります。ツツイカの群れが通過してしまう前に手っ取り早く、手返し良く数を釣るのに最適です。
2つの疑似餌で幅広いレンジ攻略をアシスト!
通常のエギングスタイルよりもリグ全体で一度に幅広い層を探ることが可能になります。レンジ攻略が重要なツツイカエギングにとってターゲットのいる層を見つけ出すのに最適です。
小型のスッテで低活性なイカ対策をアシスト!
足のみじかいツツイカ類には身の丈(足の丈?)にあった小さいベイトサイズへの反応がよく、エギの上にサイズの小さいスッテを取り付けることによって、エギのシェイプの大きさにより乗せきれないようなシビアなツツイカに対し、抱かせることが可能になります。
エギとスッテの配色を変えてアタリカラーのサーチをアシスト!
アオリイカのエギングや船のイカ釣りでも見られるように、イカはその時の状況にマッチしたカラーを選択的に攻撃する傾向が強くあります。エギとスッテで一度に2パターンのカラーを同時に投げられることは、その状況のヒットカラーのサーチに大変役立ちます。

 


タックルは通常のツツイカエギングのタックルをそのまま流用し、先端部(スナップ)にアシストリグを取り付けます。


 

アシストリグはリーダーから枝を出し、エギ+スッテと二つの疑似餌を同時に投入するリグ(仕掛)です。
エギは主にナオリーRHを使用します。スッテの浮力で沈下スピードが収まるので沈みの早いB(ベーシック)タイプを使用すると使いやすいです。逆に表層付近や常夜灯周りでのサイトフィッシング、乗せきれないシビアな状況などスローに攻めることに特化させたい場合はS(シャロー)タイプを使用することをお勧めします。
スッテはアシストリグ専用スッテである「ナオリーおっぱいスッテ」を使用します。
基本、エギよりも小さいスッテを上につけますので、エギで乗せきれないシビアなイカを拾うことも出来ます
エギとスッテを組んだアシストリグ丸ごとを封入した釣場直行型セット「アシストリグセット」や、既にお持ちのエギやスッテでも誰でも簡単にアシストリグを作れる専用リーダー「アシストリグリーダー」もラインナップしています。
■ ナオリー おっぱいスッテ[製品情報]
■ ナオリー アシストリグリーダー[
製品情報]     
■ ナオリー アシストリグセットRH[
製品情報]   

 

 

1.キャスト
アシストリグの長さをそのままキャスト時の垂らしの長さとし、後方を安全確認。竿の弾力を生かし背負うように投げます。
ソルトウォーターでは主流とされるペンデュラムキャストといわれるキャスト方法と同様です。
キャストすると飛行中、リグは多少バタつきはあるものの先についているエギに重心があるので、からまずに着水します。


2.フォール
着水後はラインをフリーにし、カウントダウンをして狙いたい層まで沈めます。
表層付近にベイトが固まっている状況やナイトゲーム、常夜灯周りであればイカが浮いている傾向が高いので上の層から順番に下の層を探ることがいいと思います。

ツツイカはデーゲームでは主に海底付近を回遊する傾向が強いので一度底を取ることをお勧めします。
沈下スピードはフリーフォール時にはスッテの負荷がかかりますので、通常のエギ単体での使用に比べ遅くなります。
2つの疑似餌(エギ+スッテ)でスローでじっくりと見せることで、幅広いレンジを一度にじっくり探索することが容易になります。

3.アクション
狙いたい層まで静めたら、通常のツツイカエギングと同様、柔らかいシャクリ、トゥイッチを織り交ぜながら一定層を探ります。
1.トゥイッチング
ツツイカ類は群れで回遊し、ある一定の層で留まることが多いので、大きくシャクるのはNG。イカのいる層を外さないよう小さいシャクリでレンジキープを心がけるほうが効果的です。

アオリイカのエギングでは激しくシャクり活性を上げて釣るスタイルですが、身の柔らかいツツイカは激しいシャクリに身切れを起こしがちですので、【トゥイッチ→テンションフォール→トゥイッチ→テンションフォール→トゥイッチ…】を繰り返し、アタリを探りながら優しく探ります。
フォール中にアタリを感じたらスイープにアワセます。
2.ただ巻き
有効なメソッドとして、シャクリを入れない「ただ引き」があります。
キャスト着水後と同時にカウントダウンを行い、ゆっくりとリールを巻き続けるメソッドです。
メリットは肝となるレンジキープがしやすい点とラインが張り気味なのアタリがダイレクトに感じる点です。
「アタリかな?」と思うようなモゾっとしたアタリがあったらリトリーブを止め、イカのテンションを感じてからスイープにアワセます。
3.テンションフォール(カーブフォール)
常夜灯の下のポイントなどではベイトが灯りに集まりイカが群れで回遊し、留まるケースが多いです。
そのような状況下では常夜灯の明かりの明暗の境目あたりにリグを着水させ、そこからテンションフォールでリグを滑らせます。
リグのフォールが止まったり、糸ふけが出たり、ついばむ様なアタリが出たらスイープにアワセます。

4.フッキング〜ファイト
スウィープにアワセを入れて、イカが掛かったら、もう片方の疑似餌(スッテまたはエギ)で多点掛けを狙います。
ツツイカは群れで行動しエサを奪い合うように捕食します。その習性を利用し、1杯掛けたあとはもう片方の疑似餌(スッテまたはエギ)にイカを追い乗りさせます。
コツは1杯掛けた後にラインテンションを掛けてステイさせ、同じレンジをキープさせることです。もしくは超スローに巻き上げるとイカが追いかけてきて抱きつくこともあります。
一度にダブルヒットが狙えるのは群れでの回遊行動が目立つツツイカならではの釣法であります。
2杯目のイカが乗り、竿先にズシリと重量感が増したらラインテンションを張ったまま慎重に巻き上げます。
ツツイカは身切れをしやすいイカなので優しくやりとりをし、1杯ずつ取り込みます。
エギ単体では一杯一杯釣っている間に群れが通過し、数が伸びなかったりすることがあると思います。
ライトエギングの真骨頂である数釣りを極めるための手返しUPのメソッドとして役立つでしょう!

 

1.カラーローテーション

イカに対する疑似餌が2種類あるということは、相反する系統のカラー(地味系・派手系)を同時にリグに組み込むことが可能となり、仕掛全体でその日のヒットカラーを探ることが出来ます。
下図を例に取ると、最初に派手系のエギ、地味系のスッテを装着し、実釣します。その日の傾向として地味系統のカラーに選択的にイカが乗るようであれば、その日のイカは低活性であると判断し、地味系カラーにローテーションします。
反対に派手系のカラーに乗るようであれば、その日のイカは高活性であると判断し、派手系カラーにローテーションします。
アシストリグは2種類疑似餌があることを最大限に生かすと人よりもさらに差をつけることが可能な魔法のリグなのです!

 

2.裏技!ハイパーアシストリグ!?
アシストリグリーダ−を使ってアシストリグを組むとエギとスッテで合計2つの疑似餌ですが、アシストリグリーダーを連結することで、ダブルヒット!!に留まらず、トリプルヒット!!!、4杯掛!!!!・・・
とさらに欲張りなリグが完成します。ヒイカやマメイカ(ジンドウイカ)のような大群で接岸するようなイカをターゲットにする場合は、一気に2〜3杯釣ることは誰よりも数を釣るにはとても有効なメソッドになります。
アシストリグリーダーは1パッケージ内に3組リーダーが入っていますので、連結して使用するのも面白いですよ!



手軽にヒイカを狙ってみたい
初心者向け

エギの使い分けでより多くのツツイカ釣果を求める
アングラー向け