• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ


ヤリイカ


体が極めて細いので透き通っていてとても綺麗なイカ。甘味があり、とても美味しいイカです。外洋に面している水深が約5〜10m程度の大きな港に群れが回ってきやすく、満潮前後と夜の常夜灯周り、マヅメ時が狙い時です。臆病なイカなので大きなシャクリよりもソフトなシャクリでじっくり見せてアピールしましょう。
ケンサキイカと比べて腕が短く、エギを抱き込みにくいのでフォール時は糸を張りすぎないのがポイントです。身も柔らかいので柔らかい竿でスウィープフッキングしてあげるとバレが少なくなります。活性の高い時はS(シャロー)
タイプで表層近くを、活性が低い時は1.8号、2.2号のB(ベーシック)タイプ・D(ディープ)タイプで底付近を丹念に攻めると釣果に繋がりやすいです。日中は海藻や障害物周りに身を潜めていることが多いので根周りを重点的に狙うと釣果が出やすいです。

 


スルメイカ


ツツイカの中でも最も攻撃的でエギを見つけるとすぐにアタックしてくるイカなので、比較的テンポの早いアクションで誘うのが効果的です。シャクリ後のフォールですぐに乗ることが多いので、フォールを5秒以内で短めにして、早い動きで出来るだけ多くアピールさせることが釣果アップの秘訣です。小型サイズでもエギの大きさに関わらず、自分より大きいエギにも抱いてくるので2.2号前後の大きいエギが有効。日中に水深10m前後を狙う場合や夜でも広範囲に狙うことが多いので、沈みが早く、飛距離がでるB(ベーシック)タイプ・D(ディープ)タイプがオススメです。2.2号で反応がなければサイズを落として1.8号に変えると乗りが良くなることも多く、特に小型のスルメイカには1.5号D、1.8号Dが有効です。

 

ケンサキイカ


アカイカと呼ばれ、釣ったときに赤くなるのが特徴で、甘みがあり美味しいイカです。春から夏にかけて5m〜10mの外洋に隣接する港に群れをなして回遊してくるので、足場のよい港で比較的簡単に狙いやすいターゲットです。港の入口の流れが当たっている場所よりも釣れますが、群れが溜まりやすい流れのヨレを狙うと連発することが多いです。まず初めは2.2号前後の大きめのエギで広範囲に探ってイカのいる場所とレンジを見つけたら、その付近を重点的に狙いましょう。イカのいる場所がわかったら1.8号前後のエギにサイズを下げて、群れから一杯ずつ釣るイメージでシャクリすぎないように気をつけましょう。モゾッとアタリがでる場合が多いので、合わせはスウィープフッキングで。イカがいる場所がわかったらイカの乗りのよいS(シャロー)タイプ、B(ベーシック)タイプでスローに誘いましょう。小型個体は活性が高くシャクリのあとすぐに乗ってきますが、大きくなると少し臆病になるのでしっかりシャクってフォールを長くとり、じっくり見せてアピールするとあたりが出やすくなります。夜はイカが浮きやすいので、Sタイプを使い表層から5〜15カウントで狙い、日中は底近くにいるのでD(ディープ)タイプで30から40カウントして底付近を狙うのがオススメです。大型が接岸する釣期は短いですが、20〜30杯の数釣りができますので、群れが回ってきた情報があったらすぐに釣り場に直行しましょう!

 

ヒイカ


比較的流れが緩い内湾に生息しており、水深3〜5mくらいの砂地に海藻が生えている場所に生息しています。成体でも20cm前後なので、小型個体はケンサキイカと似ていますが、胴体の先に剣が無く、エンペラが丸いので見分けることができます。小型のわりに獰猛で、ケンサキイカに比べ腕が太く、釣り上げた後、エギを噛んだり、堤防に張り付いたりするのが特徴です。

ツツイカの中で最も沿岸に生息しているので一年中狙うことが可能で、初夏の産卵時期には大型、秋〜冬にかけては小型の数釣りをすることができます。日中は底近くにいることが多いので、B(ベーシック)タイプ、D(ディープ)タイプのソフトジャークで底を丹念に攻め、夜間の常夜灯周りはS(シャロー)タイプでエギを漂わせると釣果が出やすいです。

小型のイカなのでエギも1.5号、1.8号など小さいほうが乗りがよく、イカのアタリを弾かないティップの柔らかいロッドを使えば釣果アップにつながります。秋は群れにあたると数釣りは束(100匹)越えも楽しめます。他のイカと比べて遊泳力が高くないので、回遊待ちよりもラン&ガンで場所移動して群れを直撃しましょう!

 




手軽にヒイカを狙ってみたい
初心者向け

エギの使い分けでより多くのツツイカ釣果を求める
アングラー向け