私たちは、一人でも多くの人に釣りの楽しさ、喜び、感動を提供します。

YAMASHITAは、船や岸釣りの仕掛を提供し、イカ釣りでは世界トップクラスの海釣りブランドです。

Mariaは、海のルアーフィッシングのパイオニアであり、プラグは金型から梱包まで一貫して国内生産をしています。

釣りの楽しさや感動を分かち合い、幸せな釣り人生を送ることを目的としたコミュニティサイトを運営しています。

釣りを通じてライフスタイルをより豊かにしていただくことを目的としたお役立ちサイトです。

私たちの活動・取り組みや、採用情報を掲載しています。

お問い合わせフォームです。

アオリコミュニティ

2017/06/29 16:23 2017年6月28日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター

タグ: アオリコミュニティ  ミウラダイブセンター  産卵床 

アオリコミュニティ第10弾は

6月28日のミウラダイブセンター様からの報告です。

前回から5日間という、短い期間にも新たな卵塊の確認ができました。

上から見た産卵床の様子になります。

ここで豆知識です!

上の2つの写真を見ても分かるように、全ての卵塊が底に着かず

下にスペースが空いていることが見てとれます。

この理由としては

「産卵床の下にスペースを空けることで、潮流の通りが良くなり

常に酸素を供給することで、全ての卵の腐敗を防ぐ効果があります。」

アオリイカのお父さん・お母さんは、無事に、1つ1つの卵を孵化させる為に

良い環境にある、お家探しから始まるということですね(^^)

この日、訪れてきたアオリイカのお父さんとお母さんの写真になります。

何かを話しているようにも見えます(笑)

いや、おそらく何かを話しているのでしょう♪

アオリイカは、体に対する脳の大きさが生物の中でも

トップ10に入ると言われていますからね!

ちなみに、鏡に映る自分の姿を認識できる力も兼ね備えています!

この世から、人間がいなくなると、次はイカの時代が来るかもしれませんね(笑)

この雄のアオリイカは、産卵床の様子を見守っているかのようにも見えます。

この日は、前回よりも遥かに多い数のアオリイカの群れが確認でき

産卵のピークを迎えてきているとのことでした。

また、ミウラダイブセンター様からの報告あり次第、お知らせいたします。

6月28日

海況状況(水底)20℃-(水面)20℃

透明度10m

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2017年7月 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom