私たちは、一人でも多くの人に釣りの楽しさ、喜び、感動を提供します。

YAMASHITAは、船や岸釣りの仕掛を提供し、イカ釣りでは世界トップクラスの海釣りブランドです。

Mariaは、海のルアーフィッシングのパイオニアであり、プラグは金型から梱包まで一貫して国内生産をしています。

釣りの楽しさや感動を分かち合い、幸せな釣り人生を送ることを目的としたコミュニティサイトを運営しています。

釣りを通じてライフスタイルをより豊かにしていただくことを目的としたお役立ちサイトです。

私たちの活動・取り組みや、採用情報を掲載しています。

お問い合わせフォームです。

アオリコミュニティ

2017/06/13 13:25 2017年6月6日,6月13日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター

タグ: アオリコミュニティ  ミウラダイブセンター  産卵床 

アオリコミュニティ第8弾は

6月6日 6月13日の ミウラダイブセンター様からの報告です。

まずは6月6日の報告からどうぞ!

6月6日(火)に産卵床に初めて卵が付いたという報告を頂きました。

その時の様子がこちら!↓

産卵床の一部ですが、卵塊が確認できます。!(^^)!

もう少し近づいて見てみましょう!

こちらがアオリイカの卵塊になります!

まるで、エンドウ豆の集団の様にもみえますね(笑)

そして、このエンドウ豆の様なものが卵嚢(らんのう)と呼ばれるもので

この卵嚢の中に卵が4つから8つ入っています。

上の写真を良く見てもらうと、卵嚢の中に薄っすら卵の様子も確認できます!

また、アオリイカの卵は約20日〜30日で孵化することが分かっているので

早いものは7月からの孵化に期待が持てそうです!

今後の成長を楽しみにしましょう。

次は6月13日の報告になります。

6月6日から1週間後の様子がこちら!

水温が上がった影響もあり、確実に卵塊の数が増えています!

近くで見た様子がこちら↓

奥の方までビッシリと卵塊が見えています(^^)

また、前回は見えなかったアオリイカを8杯確認することができました。

確実にアオリイカの数に比例して卵塊も増加してきているので

今後も期待していきましょう!

6月6日(火)

水底水温17℃-水面水温20℃

透明度7〜8m

6月13日(火)

水底水温19℃-水面水温20℃

透明度8m

 

前へ  |  次へ   | 一覧

 

カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom