• トップ
  • 製品情報
  • コミュニティ
  • イベント
  • お問い合わせ

カレンダー

<< 2017年6月 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ

福元和孝(1)
COMパーティー(1)
Maria(10)
Maria(1)
Maria COMMUNITY(4)
POCKETS(2)
POCKETSミノーSS55メバルSP(3)
POCKETSミノーSS55メバルSP(1)
YAMASHITA(1)
アジフラッター(1)
アジング(5)
アミパターン(2)
イベント(1)
イベントレポート(1)
イベント告知(3)
エギング(1)
エンゼルキッス(4)
エンゼルキッス(1)
オフショア(1)
オフショアキャスティング(4)
オフショアジギング(2)
オフショア青物(1)
カーボンバイブ(3)
カサゴ(2)
カジキ(1)
かめやシーバスバトル(1)
カンパチ(1)
キハダ(1)
キャスティングゲーム(1)
キャンペーン(1)
コノシロパターン(1)
サーフ(1)
サーベリング(1)
サゴシ(1)
サブマリンヘッド(3)
サヨリパターン(1)
サワラ(7)
シーバス(26)
シーバスジギング(2)
シーバス攻略法(2)
シーバス釣行記(1)
ショアゲーム(1)
ショアトリッカー(2)
スカッシュ(5)
スカッシュF95(1)
スピンシャイナー(1)
スライス(1)
ゼロヘッド(1)
ダートスクイッド(1)
タイラバ(2)
タチウオ(3)
タチウオジギング(1)
ダツ(1)
ディープクランク(1)
トップウォーター(1)
ハゼ(1)
ハゼSP(1)
バチ抜け(1)
ビークヘッド(2)
ビークヘッドU(3)
ヒラスズキ(3)
ヒラマサ(1)
フィールドスタッフ(56)
フィールドモニター(23)
フィッシングショー(2)
フィ−ルドモニター(1)
フェイクベイツ(2)
フェイクベイツNL1(1)
フェイクベイツNL-1(1)
プラグ(1)
フラペン(5)
フラペン S85(2)
フラペン シャロー(1)
フラペンシャロー(1)
フラペンブルーランナー(1)
ブリ(1)
ブルースコードU(5)
ブルースコード45CメバルSP(4)
ブルースコードC45(2)
ボートゲーム(1)
ポケッツ(1)
ポケッツ(1)
ポケッツミノーS55メバルSP(1)
ポップクイーン(4)
ポップクイーンF160(1)
マール・アミーゴU(3)
マダイ(4)
ママワーム(6)
ママワーム(1)
ママワーム ソフト(2)
ママワームダートスクイッド(1)
マリア(9)
ムーチョ(1)
ムーチョ・ルチア(4)
ムーチョ・ルチア(1)
ムーチョ・ルチアAHマダイSP(1)
ムラソイ(1)
メタフラ(4)
メタフラ32g(1)
メタルフリッカー(4)
メッキ(1)
メバトロボール(1)
メバリング(1)
メバル(15)
メバルプラッギング(1)
ライトゲーム(2)
ライトゲーム(1)
ライトジギング(1)
ライトショアジギング(1)
ラピード(3)
ラピード F160(2)
ローデッド(1)
ローデッドF180玄海SP(1)
ローデッドLS140(1)
ロゴマーク(1)
ロックフィッシュ(2)
伊豆(1)
伊豆大島(1)
磯マルゲーム(1)
岡 公一郎(8)
岡公一朗(1)
岡公一郎(1)
河川(1)
河野 浩二(3)
河野浩二(7)
郡山 善充(2)
香西 宗正(2)
香西宗正(5)
三浦(2)
三浦半島(7)
三崎(2)
三崎港(1)
春磯シーバス(1)
西田 学(3)
西田学(6)
青物(16)
石井 栄治(3)
石井栄治(1)
千葉県干潟(1)
相模湾(3)
鯛ラバ(1)
鯛歌舞楽(3)
大阪フィッシングショー(1)
大森 崇弘(3)
大森崇弘(7)
稚鮎(1)
中山 剛(2)
中山剛(6)
渡辺 俊夫(2)
渡辺俊夫(8)
東京湾(7)
東京湾タイラバ(1)
東京湾奥(1)
福元 和孝(1)
福元和孝(7)
福本和孝(1)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom

企画開発ブログ詳細

2017/06/02 10:55 島根半島沖のネギング by福元和孝

タグ: フィールドスタッフ  福元和孝  オフショア 

マリア企画開発ブログを御覧の皆様、こんにちは。

鳥取県在住でマリアフィールドスタッフの福元です。

皆さん、ゴールデンウイークはいかがでしたか。

4月末に、会社の釣り好きメンバー達と一緒にオフショアの予約を入れていましたが

予約当日は大時化のため全面欠航となりました。

しかし、5月4日は一人分だけ空いていたので、思わず抜け駆け予約してみました。

ご存知ない方も居られるかもしれませんので紹介しますと

島根半島は、アオリイカやメバルだけでなく、ブリ、ヒラマサ等の青物

キジハタやアオハタ等のハタ系、真鯛等が生息し、未開拓な部分も沢山残されています。

そして、今回は、タイラバとメタルジグを中心にハタと本命のマダイを

狙ってみることにしました。

根魚を狙うルアーフィッシングということでネギングと呼ばれたりしていますが

この呼称は山陰だけだったりして(笑)。

この日は、波高0.5m以下、南西の風速2m/s、雲一つない快晴です。

この写真の左側には、島根半島が映り、写真の右側(写真が切れています)に

隠岐島がうっすらと見えるような位置関係です。

この付近は、水深が約65mの砂地盤ですが、ポツリポツリと瀬が点在しています。

今回は、瀬だけをバーチカルに叩いていく手法ではなく、風上で

パラシュートアンカーを開き、あとは風まかせのドテラ流しです。

まずは、巻くだけでアクションが付くムーチョルチア60g(シルバー)で底を取ります。

底を確認したら、底付近を引きずるだけです。

砂地を引きずる時には、時々座布団ヒラメが食ってくるのも期待できます。

そして、砂地盤を引きずるので根がかりはありません。

また、所どころ瀬が顔を出しているのですが、それでも気にせずに引きずりますと、ヒット。

本命のマダイではなく、レンコダイでした。

メタルジグで腕が疲れてきたので、今度は鯛カブラ(100g)の出番です。

この鯛カブラでも底付近をキープしてみますと、キカナ(アオハタ)が釣れました。

ジグやタイラバを使う、ドテラ流しは、バーチカルな釣りと違い

底から2、3mぐらいのレンジを広範囲に攻めることができるため

警戒していない魚に遭遇でき、つくづく効果的だなと実感しました。

今回お世話になりました遊漁船のジョイフィッシャーの大原船長ご指導ありがとうございました。次回は、島根半島の地磯回りをテンポ良くバイブレーションでランガンしたり

隠岐島周辺まで遠征して開拓しましょう、とか色々と話しが盛り上がり

ワクワク感がとまらない状況です。

こんな、贅沢なGWでした。

 

 

前へ  |  次へ   | 一覧