ページの先頭です。

このページの本文へ移動します。

アオリコミュニティの活動報告などをお知らせします。

2017/08/17 09:55 2017年8月16日神奈川県三浦市ミウラダイブセンター
タグ: アオリコミュニティ  産卵床  ミウラダイブセンター 

アオリコミュニティ第16弾は

8月16日のミウラダイブセンター様からの報告です。

また、今回で今年度、最後の報告になります。

産卵床を設置して約4ヶ月が経過し、ほとんどの卵がハッチアウト(孵化)しました。

産卵床設置から孵化観察までの流れを無事に進めることができ、なによりでした(^^)

ご協力してくださった、ミウラダイブセンターの皆様、厚く御礼申し上げます。

また、来年度も産卵床設置活動を各地で、継続していきますので

よろしくお願い致します!

では、アオリコミュニティブログ最終回でした!

また来年、お会い致しましょう(^^)/

短い間でしたが、アオリコミュニティブログのご視聴ありがとうございました!

コメント
2017/08/10 10:39 2017年8月9日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター

アオリコミュニティ第15弾は

8月9日のミウラダイブセンター様からの報告です。

産卵床設置から、約3ヶ月と1週間が経ち

多くの卵がハッチアウト(孵化)を終え、産卵床も

抜け跡が多くみられるようになりました。

この産卵床の周りには、多くのアオリイカの赤ちゃんが確認できています。

この赤ちゃんも、生まれて間もない個体になります(^^)

少し引き目に見ると、キリン柄のようにも見えますね~

そして、アオリイカの赤ちゃんが多く生まれたことで

赤ちゃんを狙う、天敵が顔を見せているとの報告がありました。

その天敵がこちら↓

赤い○で示した天敵の魚達が、メバル、ベラ、ネンブツダイになります。

この魚達は、孵化したてのアオリイカの赤ちゃんを狙っているようです。

産卵床の上部で、待ち構えているようにも見えますね(゜o゜)

やはり、大自然の中で生き抜いていくことは、大変だということです。

このことからも、この中から親になれる確率は、非常に低いことが分かります。

8月から9月にかけて、海でみることのできる、とても小さなアオリイカは

将来の資源のことも考え、なるべくリリースすることを念頭に考えましょう☆

この行動は、将来のエギングを末永く続けていくことにも繋がっていくと私は思います。

no Eging no squid

イカがいれば、エギングはある

8月9日 海況情報

水温-水底(24℃)-水面(26℃)

透明度-15m

コメント
2017/08/03 14:47 2017年8月2日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター
タグ: アオリコミュニティ  ミウラダイブセンター  産卵床 

アオリコミュニティ第14弾は

8月2日のミウラダイブセンター様からの報告です。

台風の影響によるウネリで、多少影響はあったようですが

アオリイカの孵化には、影響が少なかったようで安心しました(^^)

アオリイカの赤ちゃん、それにしても小さいですね~

この写真は、手袋の上に乗っている写真になります。

生まれてすぐは、1cmにも及ばない個体がほとんどです。

この写真のアオリイカは、何かまぶしそうな表情にもみえますね(笑)

ここで、豆知識です!

皆さん、アオリイカの視力の想像がつきますか?

ちなみに魚の王様「マダイ」の視力は約0.15と言われています。

それに対しアオリイカの視力はというと...

なんと、約0.7と言われています!

アオリイカは、この視力を活かし多くの情報を、目から取り入れています。

こちらの写真は、体表の模様が綺麗にみえる写真になります。

とても綺麗な柄ですね(^^)

ちなみに、この模様は、色素胞というものになり筋収縮により

色素の拡大・縮小を引き起こしています。

そして、この栄養袋が付いていると、どこか可愛いくみえますね(笑) 

今後も、これから生まれてくるアオリイカの赤ちゃんに注目したいと思います!

8月2日 海況情報

水温-水底(23℃)-水面(24℃)

透明度-5~6m

コメント
2017/08/01 00:00 2017年7月26日 神奈川県三浦市ミウラダイブセンター
タグ: アオリコミュニティ  ミウラダイブセンター  産卵床 

アオリコミュニティ第13弾は

7月26日のミウラダイブセンター様からの報告です。

産卵床への卵の産み付けは、終盤を迎えアオリイカの親の姿はほとんど見えなくなりました。 

しかし!7月22日にアオリイカの赤ちゃんの孵化が初めて確認できました(^^)

前回の投稿で説明した栄養袋が→で示したものになります。

卵嚢(らんのう)の中にいる間は、この栄養袋から栄養を補います。

そして、外に出てきて1日もしないうちに、この栄養袋は取れてしまいます。

その瞬間からアオリイカの赤ちゃんの弱肉強食の生活が始まるわけですね(゜o゜)

ちなみに、アオリイカの赤ちゃんの主食は動物プランクトンになり

成長するにつれ、魚の稚魚や甲殻類の幼生などを食べるようになっていきます。

またアオリイカの最大の欲求は食欲といっても過言でないと言われているように

たくさんの餌を食べ、1ヵ月で約4cm大きくなります。

頑張れ!赤ちゃん 応援してます!

この写真中央は、卵嚢(らんのう)から赤ちゃんが出た後の様子になります。

また、赤い○で示された卵は、まだ発生途中のもので、後2週間ほどで孵化といったところです。

今後も、アオリイカの孵化を中心に進捗をご報告させていただきたいと思います。

7月26日 海況情報

水温-水底(20℃)-水面(24℃)

透明度-7m

コメント

4件の記事

カレンダー

<< 2017年8月 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ

【はじめに】(1)
【ヤマリア産卵床】岩ダイビングセンター(3)
【ヤマリア産卵床】神奈川県 岩(15)
【ヤマリア産卵床】神奈川県 通り矢(43)
【設置支援】高知県 NPO法人 黒潮実感センター(2)
【設置支援】鹿児島県 屋久島漁業協同組合(1)
【設置支援】神奈川県 岩ダイビングセンター(4)
【設置支援】神奈川県 江之浦ダイビングサービス(2)
【設置支援】神奈川県みうら漁業協同組合 諸磯支所(1)
【設置支援】静岡県 いとう漁業協同組合(1)
【設置支援】静岡県 いとう漁業協同組合 伊東本所(2)
【設置支援】静岡県 いとう漁業協同組合 川奈支所(2)
【設置支援】静岡県 いとう漁業協同組合 八幡野支所(1)
【設置支援】静岡県 いとう漁業協同組合 富戸支所(4)
【設置支援】静岡県 伊豆漁協安良里支所(1)
【設置支援】兵庫県須磨・平磯海釣り公園(5)
MIURA DIVE CENTER(1)
MIURA DIVECENTER(4)
NPO法人黒潮実感センター(1)
アオリイカ(5)
アオリイカ産卵床(1)
アオリコミュニティ(30)
アオリコミュニティー(1)
アカイカ型アオリイカ(1)
いとう漁協(1)
いとう漁業協同組合(2)
ミウラダイビングセンター(1)
ミウラダイブセンター(9)
みうら漁業協同組合(1)
ヤマシタ(1)
ヤマリア自社産卵床設置(8)
屋久島漁業協同組合(1)
岩ダイビングセンター(8)
三浦市通り矢(1)
産卵床(17)
産卵床設置支援(2)
種子島(2)
真鶴町岩(2)
真鶴町岩港(3)
神奈川県真鶴町岩(3)
須磨・平磯海釣り公園(2)
日釣振産卵床(2)

RSS 1.0
RSS 2.0
Atom